子供でもわきがってあるもの?どうして治せば良いのでしょうか

子供がわきがだったらどうする?もしかしたら遺伝ですか?

 

わきがは大人にしか発生しないもの。多くの人はそう思っていました・・・そう今まではそうだったんですね。多くのわきがの子供を持っているお母さんは『洗濯物』で気づいたと言います。それも思春期に入った子供に多く見られるんですね。発見すると、親もショックですし子供を問い詰める事も出来ません。だって子供は気づいていないかも知れないからです。親としては何とかしてわきがを治したい、改善してあげなくなります。ですが『何をすれば良いのか分からない』ので悩んでいる人も多いと思います。今回は子供のわきがの原因や対策についてまとめました。参考にして頂けたら幸いです。

 

わきがは遺伝するもの?

 

子供がわきがである場合『もしかしたら遺伝?』と頭を殴られてしまったかのように思う人もいます。わきがの子供を持つ子供の親の8割がどちらかがわきが対質であることもわかっています。わきがはアポクリン腺と言う汗腺が原因で、体質的にこのアポクリン腺が普通の人より多いとわきがが発症しやすくなるんですね。両親のどちらかがわきがの場合は五分五分ですが、両親共にわきが対質である場合には80%の確率でわきが対質になるのですね。

 

不思議と女の子の方が遺伝しやすいようで、染色体やホルモンが関係しているかは不明なんです。女の子のわきがは、恥ずかしいですし成長するに従い自分でも気づいていくので悩んだり内向的になりやすい傾向もあります。思春期を境に臭いが強くなっていくので、回りにも気づかれやすくなりイジメに繋がる危険性もあります。遺伝してしまったものは、自分ではどうしようも出来ないのですから親としては対策を練るしかありませんよね。友達から『○○ちゃん臭いね』と言われたと考えただけで本当に辛いと思います。そんな子供の為に出来るのは、わきが対策を考える事しかありません。

 

子供のわきが対策は何をすれば良いのか

 

わきがは成長するにつれて強く現れてしまうとも言われます。汗をかいてしまうと臭いが残るので、その度に抑汗スプレーやペーパーで拭くしか手立てがないのが現状で、手術やボツヌリス菌を使ったわきが対策は体の出来上がっていない子供には負担になるだけですよね。じゃどうすれば良いのか?なのですが『保湿』がとても大切なのです。肌が乾燥すると、皮脂が浮いてきたりシワになりやすくなるのは『体が自分を守ろうとするから』ですよね。わきがが気になるからと、汗を抑えすぎて皮膚が乾燥するとよけいに汗や皮脂が活発になり臭いが強くなります。

 

思春期は特に皮脂の分泌が活発になるので、臭いが強くなります。清潔にすることは勿論ですが、保湿を心がけて皮脂の分泌を抑える事で臭いを抑えることができるんですね。洗剤にデオドランド効果のあるものを使用したり、衣類に消臭スプレーをする、わきが専用の保湿クリームを使うなどして対策をしていきましょう。

 

まとめ

子供のわきがには親が過敏に反応せずに、本人から言い出すまではさりげなくサポートしてあげてください。気づいた時にしっかりとサポートできるように普段から気を配ることが一番大切なのです。

 

 

関連ページ

すそわきがとは