わきがを少しでも改善できる石鹸選びしてますか?

どんな石鹸を選ぶ?効果的な使い方を紹介します

 

脇の下にあるアポクリン腺から出る汗からは皮脂等の老廃物が混ざっているので、細菌が分解され繁殖すると臭うと言われています。このアポクリン腺が通常より多いと『わきが対質』とされ汗をかくと臭いが強くなるのです。この汗を流すだけでなく菌の繁殖させずに抗菌することも大切ななので石鹸選びは慎重にすべきなんですよ。

 

どんな石鹸を選ぶべきか考えましょう

 

皮膚には常在菌がいるのですが、実は良い常在菌と悪い常在菌がいます。臭いの元になる脂肪やアンモニアを分解するのは悪い常在菌なんですね。アクネ菌も皮脂が増えるとニキビを作ってしまうように、この皮膚に存在する悪い常在菌を増やさないように良い常在菌が増えるような『弱酸性』の石鹸を使いましょう。皮膚は弱酸性ですから、肌がアルカリ性になると細菌もどんどん増えていきます。ですから弱酸性の石鹸で清潔にし保湿をする事で、悪玉常在菌の増殖を抑えて殺菌していけるんですね。

 

効果的な洗い方とは?

 

わきは体に密着しているので、汗だけでなく細菌も増えやすい場所。こまめに抑汗スプレーするよりも、清潔にする事がとても大切です。毎日シャワーで清潔にするだけで、実は善玉常在菌は流れてしまい、湯船に入るとほどんとがいなくなります。気になるからとゴシゴシ擦ると、善玉常在菌が肌にいられなくなり反対に悪玉常在菌を増やす事になってしまいます。善玉常在菌が増えるためには、優しく洗って水分を与え保湿する必要があります。ふわふわの泡で優しく洗い流すようにしましょう。石鹸はボディソープより固形の方が肌に残らずに流れるので、弱酸性の肌に優しく皮脂を奪いすぎずに洗い流せるものを選びます。わきが専用の石鹸もあるので、自分の使いやすいものを選ぶか幾つか試してみると良いですよ。

 

洗った後には細菌を抑える工夫をしましょう

 

皮膚は洗った後には保湿をして水分を閉じ込めて乾燥を防がなくてはいけません。タオルで優しく拭き取ってからは殺菌力のあるクリームやスプレーで抑えるとさらに効果的です。ミョウバンを水で溶かしてスプレーしたり専用のクリームで保湿をしておくとアポクリン腺からの嫌な汗を抑えておくことも大切ですよ。わきは皮膚も薄くデリケートですから、肌に合うものを選ぶ事も大切ですから、試供品等を試したりパッチテストをしてからわきに利用すると良いでしょう。

 

わきが専用の石鹸とデオドランド

 

わきが対策にはデオドランドよりも清潔にして、悪玉常在菌が増えないように、そして善玉常在菌を増やしてあげることを考えます。洗浄力ではなく殺菌・消臭効果の高い石鹸の方が確実にわきがを抑えることが出来ますから専用の石鹸を選んだ方が間違いないでしょう。たくさんのわきが専用の石鹸があるので、迷ってしまうとは思いますが臭いの強さもそれぞれに違いますので、刺激がなく安心して使えるものを探してくださいね。

 

まとめ

わきがは手術をしなくては治らないと言われたのは昔で、わきがの度合いにより石鹸で改善できる人もたくさんいます。先ずは清潔にする事を心掛けて気持ちよく過ごせるようにしましょうね。