わきがは手術で治りますか?必要な費用や内容は?

必ず手術でわきがは治るもの?

 

昔は『わきがは手術でなくては治らない』と言われてきました。臭いの原因になるアポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺を取り去るので効果が長く続く事は、悩む人にとっては朗報です。そんなわきが手術ですが、費用やアフターケアも気になりますよね。今回はわきが手術について少しお話ししましょう。

 

わきが手術は効果的な方法

 

通常は、剪除法といってわきの下を切開してアポクリン汗腺を除去していきます。確実にわきがの原因を切除するのですが、傷が残りやすいデメリットがあります。日帰りで出来る手術ですが、傷口が治まるまで固定が必要なので何日かは安静にする必要があります。費用は30万から50万で保険が適応出来る場合もあるので、予め確認しておきましょう。

 

最近では傷が残らないようにする皮下組織吸引方がメインです。小さな穴から管を通して、汗腺を吸いとっていきます。傷が残らないので女性には嬉しい手術方法です。手術も早く15万程度の費用になるので、検討している人には受けやすくなります。ですがこの様な手術の場合は、医師の腕によりアポクリン腺を完璧に削除できていないと、再びわきがになる可能性があることは頭に入れておきましょう。

 

超音波吸引法

吸引方法よりも効果が高いのですが、アポクリン腺を全て取り除く事は難しいと言われています。超音波で汗腺を破壊して吸引していくので、火傷のリスクも高いですし皮膚が壊死してしまうと危険です。

 

手術は医師の腕と経験が左右するので、完璧にわきがを治せるとも言えないのはデメリットです。精神的や肉体的な負担も掛かりますし、費用もかなりのものです。悩むより手術で・・・と安易に考えずに、信頼できる医師を探すのが大切って事ですね。

 

手術は必ず成功するものではありません

 

残念ですが、わきがの手術で失敗し肝心の臭いが消えるわけではありません。手術で全ての汗腺を取り除くのは難しいのです。わきが手術で臭いとオサラバできると思ったのに治らない!!そんな話を聞きますが手術=無臭でないんですね。医師の説明不足もあると思いますが、汗腺が再生する事も考えると安易に手術するのはお勧めできません。わきがの程度に合わせた治療法が必要ですから、重度な人以外は手術は見送るのがベストでしょう。

 

手術しても臭いが気になってしまう!!

 

手術まで考える人は臭い自体に過敏になっているので、手術をしても「わきがが治っていない」と感じやすくなります。ストレスで交感神経が活発になると汗をかきやすくなるので、悪循環にもなりかねません。手術をすれば以前よりはわきが自体は改善されるので「気にしない」「気楽に過ごす」事も大切ですよ。

 

まとめ

わきがの手術は完璧にとはいきませんが、どうしてもケアだけでは精神的に落ち着かないようであれば、幾つかの病院をあたって話し合い手術の方向性を決めていきましょう。無理に手術するよりも、ケアや生活習慣を見直しながらわきがを抑えていく事を考えるのも大切なのです。